平和の鐘

2019年8月6日、9日、15日

今年は、終戦から74年目でした。広島・長崎の原爆投下時刻、それに加えて、終戦記念日(8月15日 正午)に鐘を撞きました。

「本市では、「原爆の日」を迎えるに当たり、唯一の被爆国民としての体験を風化させることなく、原爆死没者の御冥福と核兵器の廃絶及び世界の恒久平和の実現を祈念するため、市内の各公共機関、事業所、諸団体等にご協力いただき、両日の原爆投下時刻にチャイム、サイレン、鐘等を吹鳴し、1分間の黙祷を捧げたいと存じます。」  川崎市からの依頼文より

上述の通り、川崎市から、広島と長崎に原爆が投下された時刻に打鐘の依頼を受けています。稱名寺は「平和の鐘」として、隣接する下平間小学校の6年生を中心に学校を通しご案内と募集をし、延べ人数で20名位の生徒さんと、先生・保護者の方に参加していただけました。原爆のこと、川崎でも空襲があったことなどを中心に住職のお話を聞き、ビデオを見た後で、鐘を撞きました。
「平和の鐘」は、小学生だけでなく、ご近所の方やご門徒にもご案内し、参加していただいております。6日の日には、少年野球クラブの子たちも参加して下さいました。

※川崎市からの依頼は原爆投下時刻の2回のみで、終戦記念日は稱名寺独自のものです。

8月のお盆

明日13日から16日は8月のお盆です。本堂もお盆の荘厳をしております。熱中症などには充分に気をつけてお参り下さい。

8月のお盆はお寺にお花のご用意はありませんので、お墓参りいただく際にはお持ちください。最寄りの花屋さんは稱名寺山門を出て左、歩いて3分程の、鹿島田商店街の手前にある「フローリスト モリ」です。お線香はいつも通りお分けしています。

平和の鐘のご案内

平和の鐘ご案内

稱名寺では川崎市の「非核都市宣言」(昭和57年6月8日)制定後、市の要請を受け広島・長崎の「原爆の日」に非核・非戦の意を表す「鐘」を鳴らしております。本年は戦後74年目の年となります。平和への願いを込めて鐘を鳴らしたく思います。是非、ご参加下さい。

2019年7月 稱名寺住職

日 時

         8月  6日(火)  8時15分から打鐘  広島原爆投下日

        8月  9日(金)  11時2分から打鐘    長崎原爆投下日

        8月15日(木) 12時0分から打鐘  終戦記念日

 対象 どなたでも参加いただけます。※申込は必要ありません。当日稱名寺境内に集合下さい。