秋のお磨き(清掃)奉仕

10月19日(火)

今週末に迎える報恩講に向けてのお磨き(清掃)奉仕を行いました。コロナ下の中、お磨き奉仕は午前中のみとしています。今回は境内・本堂・庫裡の清掃を中心にお願い致して実施しました。報恩講は(10月23・24日)に勤まります。ご奉仕いただいた方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。

お磨き奉仕は年2回です。次回は5月の永代経前に行う予定です。どなたさまでもご参加できます。

9月の同朋の会 休会

9月の「同朋の会」は休会とさせていただきます。

10月は報恩講の月ですので、休会です。次回は11月28日(日)午後2時よりを予定しています。いつもお越しの方には、日が近づきましたら郵送にて改めてご案内致します。初めて参加を考えられている方は、事前にお問合せ下さい。

なお、今年の報恩講は、例年より一週早く、10月23日(土)・24日(日)に予定しています。

8月の同朋の会 休会

8月の「同朋の会」は休会とさせていただきました。

緊急事態宣言が解除されることが前提ですが、次回は9月28日(火)午後2時よりを予定しています。いつもお越しの方には、日が近づきましたら郵送にて改めてご案内致します。

初めて参加を考えられている方は、事前にお問合せ下さい。

平和の鐘 2021

2021年8月6日、9日、15日

今年は、終戦から76年目でした。広島・長崎の原爆投下時刻、それに加えて、終戦記念日(8月15日 正午)に鐘を撞きました。

「本市では、「原爆の日」を迎えるに当たり、唯一の被爆国民としての体験を風化させることなく、原爆死没者の御冥福と核兵器の廃絶及び世界の恒久平和の実現を祈念するため、市内の各公共機関、事業所、諸団体等に御協力いただき、両日の原爆投下時刻にチャイム、サイレン、鐘等を吹鳴し、1分間の黙祷をささげたいと存じます。」  ※川崎市からの依頼文より

上述の通り、川崎市から、広島と長崎に原爆が投下された時刻に打鐘の依頼を受けています。

稱名寺は「平和の鐘」として、隣接する下平間小学校の6年生を中心に、学校を通しご案内をしていましたが、今年は緊急事態宣言が発出されているため、学校の平和学習としては中止となりました。しかし、自主的にお越しいただいたお子さんもあったため、短い時間ですが住職がお話をし、皆様と鐘を撞きました。

「平和の鐘」は、小学生だけでなく、ご近所の方やご門徒も、参加していただいております。
※川崎市からの依頼は原爆投下時刻の2回のみで、終戦記念日は稱名寺独自のものです。

7月の同朋の会 休会

7月の「同朋の会」は休会とさせていただきました。

次回は8月28日(土)午後2時よりを予定していますが、日が近づきましたら郵送にて改めてご案内致します。

現在同朋の会は、人数把握のため、いつもお越しの方にのみのご案内とさせていただいております。参加をご希望の方は事前にお問合せ下さい。

稱名寺護持運営委員会 総会

稱名寺護持運営委員会は、稱名寺に墓地がある方を中心に毎年納めていただいている護持会費で運営致しております。

毎年一回の総会ですが、今年も感染症予防の観点から、書面総会となりました。総会資料を委員の皆様にお送りし、事業報告・決算報告・会計監査報告、役員改選、事業計画案・予算案について各自ご審議いただきました。締切日とした7月1日、承認の返信葉書を集計した結果、議案は全て成立しました。

7月のお盆に、委員の方がお寺の玄関で護持会費の受付し、予決算書をお渡し致します。

6月の同朋の会

2021年6月28日(火)

6月の同朋の会を開きました。今回も午後2時から、時間を短縮し3時半までとしました。諸々感染症予防対策を行い、参加される方にもマスク着用をお願いしております。

次回は7月28日(水)午後2時よりを予定しています。現在同朋の会は、人数把握のため、いつもお越しの方にのみのご案内とさせていただいております。参加をご希望の方は事前にお問合せ下さい。

 

永代経法要 2021

2021年5月9日(日)
永代経法要が厳修されました。少し汗ばむほどの陽気の中、25名ほどの方にお参り頂き、無事春の法要を勤めることができました。

本年は、感染症対策のため、人数を制限させていただき、時間を短縮し、お斎(食事)はなし。勤行は『阿弥陀経』・正信偈同朋奉讃式で勤めました。

ご法話は、ご案内の時点では当山住職の予定でしたが、橋本正博氏(横浜市鶴見区 智廣寺前住職)にお願いし、お話しいただきました。お話は次号の稱名寺通信でご紹介致します。

ご参詣下さった方々、おみがき奉仕、受付など、お手伝い下さったご門徒の皆様には厚く御礼申し上げます。

なお、今年の報恩講は例年より一週早く、10月23・24日(土・日)を予定しています。是非ご参詣いただいきますよう、ご予定下さい。

「春のお磨みがき奉仕」兼「4 月の同朋の会」

2021年4月28日

お磨き奉仕と4月の同朋の会を合わせて、開催しました。

お磨きは今回もマスク着用の上、作業するスペースを2箇所に分け、席の間隔を広げて換気をしながら、午前9時から2時間ほど行いました。一つ一つ丁寧に磨かれた仏具を荘厳し、永代経法要(5月9日)が勤まります。
お磨き終了後休憩を挟み、11時頃から昨年12月以来、久しぶりの同朋の会とし、勤行・法話、お昼に散会とする日程でした。ご参加いただいた方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。

お磨き奉仕は年2回です。次回は10月の報恩講前に行う予定です。

※5 月の「同朋の会」は休会です。6月は28日(金)午後2時よりを予定しています。現在同朋の会は、人数把握のため、いつもお越しの方にのみのご案内とさせていただいております。参加をご希望の方は事前にお問合せ下さい。

花まつり2021

4月8日~11日に、本堂前に花御堂をお飾りし、誕生仏を安置致しました。
一昨年までは、大勢のお子様をむかえ、賑やかに開催していました稱名寺の花まつりですが、感染症予防のため、以前のような形での開催は中止とさせていただきました。
今年は上記日時に
花御堂を安置しご自由にお参りいただけるよう準備し、特に土日は、お子様連れでお参り下さっている姿が、見受けられました。