平和の鐘

2018年8月6日、9日、15日

今年は、終戦から73年目でした。広島・長崎の原爆投下時刻、それに加えて、終戦記念日(8月15日 正午)に鐘を撞きました。

「本市では、「原爆の日」を迎えるに当たり、唯一の被爆国民としての体験を風化させることなく、原爆死没者の御冥福と核兵器の廃絶及び世界の恒久平和の実現を祈念するため、市内の各公共機関、事業所、諸団体等にご協力いただき、両日の原爆投下時刻にチャイム、サイレン、鐘等を吹鳴し、1分間の黙祷を捧げたいと存じます。」  川崎市からの依頼文より

稱名寺は上述の通り、川崎市から、広島と長崎に原爆が投下された時刻に打鐘の依頼を受けています。「平和の鐘」として、隣接する下平間小学校の6年生を中心にご案内と募集をし、延べ人数で30名位の生徒さんと、先生・保護者の方に参加していただけました。原爆のこと、川崎でも空襲があったことなどを中心に住職のお話を聞き、ビデオを見た後で、鐘を撞きました。
「平和の鐘」は、小学生だけでなく、ご近所の方やご門徒にもご案内し、参加していただいております。

※川崎市からの依頼は原爆投下時刻の2回のみで、終戦記念日は稱名寺独自のものです。

8月のお盆

本日13日から16日は8月のお盆です。本堂もお盆の荘厳をしております。熱中症などには充分に気をつけてお参り下さい。

8月のお盆はお寺にお花のご用意はありませんので、お墓参りいただく際にはお持ちください。最寄りの花屋さんは稱名寺山門を出て左、歩いて3分程の、鹿島田商店街の手前にある「フローリスト モリ」です。お線香はいつも通りお分けしています。

平和の鐘のご案内

平和の鐘ご案内

 稱名寺では川崎市の「非核都市宣言」(昭和57年6月8日)制定後、市の要請を受け広島・長崎の「原爆の日」に非核・非戦の意を表す「鐘」を鳴らしております。本年は戦後73年目の年となります。平和への願いを込めて鐘を鳴らしたく思います。是非、ご参加下さい。

2018年7月 稱名寺住職

日時

 8月  6日(月)   8時15分から打鐘  広島原爆投下日

 8月  9日(木)  11時2分から打鐘   長崎原爆投下日

 8月15日(水)  12時0分から打鐘    終戦記念日

対象 どなたでも参加いただけます。

※申込は必要ありません。当日稱名寺境内に集合下さい。

7月の同朋の会 中止のご連絡

本日、7月28日に予定されていた同朋の会は、台風接近のため、強風・大雨が予想されるので中止といたします。

正信偈のお勤めのあと、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は休止 12月は18日

次回は8月28日です。午後7時~9時頃 どなたでもご参加できます。お時間にお寺までお越し下さい。

7月のお盆

13日からは7月のお盆です(13~16日)。 本堂を荘厳し、切子灯籠(きりこどうろう)もおかけました。境内の蓮がまだ咲いております。お参りの際にご覧ください。

本日12日からは、墓参用にいつものお線香に加え、お花の用意もあります。また、13日から16日まで護持会の委員さんが護持会費の受付当番に出ていただいています。

暑い日のお参りは、熱中症に充分にお気を付け下さい。境内テントには冷たいお茶があります。 時間帯によって駐車場は混雑致します。公共交通機関の利用をお勧め致します。

護持運営委員会 総会

7月1日 稱名寺護持運営委員会総会が開かれました。

稱名寺に墓地がある方を中心に毎年納めていただいている護持会費で運営致しております護持会の、事業報告・決算報告・会計監査報告、事業計画案・予算案について審議いただき、承認されました。また、お盆の受付当番の選出が行われました。護持会委員20名の出席をいただきました。

7月のお盆に、委員の方がお寺の玄関で護持会費の受付し、予決算書をお渡し致します。

6月の同朋の会

2018年6月28日 6月の同朋の会が開かれました。

今回は副住職がお話しさせていただきました。

正信偈のお勤めのあと、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は休止 12月は18日

 次回は7月28日です。午後7時~9時頃 どなたでもご参加できます。お時間にお寺までお越し下さい。

永代経法要2018

2018年5月13日(日)
永代経法要が厳修されました。曇り空の中、午後には雨が強く降るような天候でしたが、80名ほどの方にお参り頂き、無事春の法要を勤めることができました。今回も、毎年欠かさずご参加いただいている方々はもちろん、初めて参詣いただいた方が何名もあり、大変有り難く、心強く感じました。今後ともよろしくお願いいたします。

日程は11時半開会、午前中は副住職がお話しさせていただき、正午からお斎(おとき・昼食)、13時より法要、14時より法話「葬儀ー別れと出会いの場ー」(当山住職)、15時半閉会、片付け後、懇親会でした。

ご参集いただいた皆様、お斎準備をしていただいた方々、受付をしていただいた護持会委員の皆様ありがとうございました。
なお、今年の報恩講は10月27・28日(土・日)です。是非ご参詣いただいきますよう、ご予定下さい。

春のおみがき奉仕

2018年5月6日(日) 永代経にむけてのお磨き奉仕を行いました。

今回は仏具のお磨き、本堂・庫裡・境内の清掃などを、17名のご門徒さんと、住職、坊守、副住職、准坊守、副住職の子どもも参加し行いました。一つ一つ丁寧に磨かれた仏具を荘厳し、永代経(5月13日)が勤まります。ご奉仕いただいた方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。

お磨き奉仕は年2回です。次回は秋の報恩講前に行います。どなたさまでもご参加できます。

永代経法要のご案内

永代経法要のご案内

 期日 2018年5月13日(日) 午前11時半より午後3時半

日程・詳細は下の画像をクリックしてPDFをご覧下さい。
お磨き奉仕は5月6日(日)に行います。永代経ご案内裏面に詳細があります。

ご門徒には郵送にてご案内しております。出欠を返信はがきでお知らせ下さい。 稱名寺のご門徒でなくともお参りいただけます。お寺までお問い合わせ下さい。

永代経法要のご案内2018