稱名寺とその周辺の植物(8)

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。
今回の記事は、稱名寺通信第12号(2018年4月発行)からの転載です。

 

稱名寺とその周辺の植物(8)

ザクロ(稱名寺境内)

 稱名寺では鐘楼の傍に一株が植わっています。柘榴は観賞用、食用、薬用に栽培される落葉樹(湿潤熱帯では常緑)で6~7月に朱紅色の花をつけ、9~10月に結実します。稱名寺のものは立派な実をつけておりました。地中海東岸から北西インドに至る地域に分布し、南西アジア地域で最も古くから栽培された果実の一つです。ギリシャ、中国に早くから伝わり、日本には平安時代以前に伝わったとされています。日本に栽培されるザクロは花を観賞するためのハナザクロが主体で、八重咲品や、白花、黄花、紅花、紅白のしぼりなどの品種があります。一方のミザクロは中国、アメリカ南東部、インドなどで栽培され、50品種程度があるといいます。果実は多数で、淡紅色の透明な膜で覆われ、かむと甘酸っぱい果汁がこぼれ出ます。果皮にはアルカロイドを含有し、駆虫薬や下痢止めに利用されたそうです。

また、ザクロは実の数が多いことから、子宝に恵まれ、家が繁栄するという縁起の良い木とされ、鬼子母神とのかかわりが深く、とくに日蓮宗の寺では、ザクロの絵馬を奉納して祈願するということです。その反面では、花や実が赤いことから、仏壇に供えることを嫌われ、庭に植えると病人が絶えないという言い伝えがある地方もあり、正反対の評価がされていることも興味深いことです。

日本では果物としての営農栽培をすることはなくなりつつあり、店頭に並ぶものは輸入ものがほとんどです。

 

 

メグスリノキ(春風公園)

 春風公園に一株だけ植栽されているカエデです。日本固有種で本州、四国、九州に生育し、高さは10mほどに生長する落葉喬木です。雌雄異株で、葉は三出複葉となる対生です。葉の縁は不規則な低い波形の鋸歯があり、表面にはほとんど毛はありませんが、裏面、特に葉脈には長い褐色の毛を密生しています。三つ葉のカエデは他にミツデカエデがありますが、葉の大きさは小ぶりで、毛の量も少ないので簡単に見分けることができます。

 

樹皮や葉の煎汁を目の洗浄に使用したことでメグスリノキの和名があります。これは樹皮にロドデンドロールなど多くの有効成分が含まれており、眼病の予防・視神経活性化・肝機能の改善などの効果があることが星薬科大学の研究により実証されています。近年、メグスリノキの効用を評価されたことで、栃木県内の道の駅などに売られることもよく見かけるようになり、商品価値が見いだされたことで、山林などでの過剰な伐採も問題となっています。

別名に長者の木という名前があり、その語源は不明ということですが、材が強靭で建材や床柱に利用されたことに、由来するのかもしれません。

※引用・参考文献
新訂牧野新日本植物圖鑑、牧野富太郎、2000、北隆館
世界有用植物事典、1989、平凡社

2月の「同朋の会」 休会のご案内

2月の「同朋の会」 休会のご案内

緊急事態宣言の延長を受け、先月に引き続き、2月の同朋の会も感染症予防の観点から、申し訳ありませんが休会とさせていただきます。同朋新聞は保管してありますので、ご来寺の際にお申し出下さい。

3月以降の例会は、毎月28日午後2時よりを予定していますが、日が近づきましたら郵送にてご案内致します。

2021年2月19日
稱名寺住職

※いつもお越しの皆様には、郵送にて同様のご案内をさせていただいております。
※現在同朋の会は、人数把握のため、いつもお越しの方にのみのご案内とさせていただいております。参加をご希望の方は事前にお問合せ下さい。

1月の「同朋の会」休会のご案内

1月の「同朋の会」休会のご案内

再度の緊急事態宣言が神奈川県にも発出されたことを受けて、1月の同朋の会は感染症予防の観点から、申し訳ありませんが休会とさせていただきます。

お寺に集っての例会はできませんが、開催予定日だった28日に※「東京教区オンライン報恩講」が厳修されます。パソコン・スマホなどでYouTubeを利用してご自宅から視聴いただけますので、是非ご覧下さい。ご講師は4年ほど前に稱名寺報恩講に出講いただいた横須賀の海先生です。

2月以降の例会は、毎月28日午後2時よりを予定しています。現在同朋の会は、人数把握のため、いつもお越しの方にのみのご案内とさせていただいております。参加をご希望の方は事前にお問合せ下さい。

「東京教区オンライン報恩講」 1月28日(木)午後1時より

※いつもお越しの皆様には、郵送にて同様のご案内をさせていただいております。

除夜の鐘・修正会 2020

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨日、2020年12月31日大晦日、修正会(しゅしょうえ)・除夜の鐘を行いました。

今回は、感染症予防の観点から、寺をお預かりする者と、例年実施のお手伝いをしていただいている称友会の皆様とのみで勤行、打鐘(午後4時より)致しました。毎年楽しみにされている方へは申し訳ありませんでした。

本年も、感染症対策等を実施しながら、諸々の行事・法務を勤めて参ります。よろしくお願い致します。

12月の同朋の会

2020年12月18日(金)

今年最後の同朋の会を開きました。本年は3.4.5月は中止とし、6月より日程を変更の上再開しました。いつも通りの皆様方と毎月お会いすることができること、大変有り難かったです。御礼申し上げます。また、来年もよろしくお願い致します。

12月の同朋の会も午後2時から、時間を短縮し3時までとしました。先回同様、諸々感染症予防対策を行い、参加される方にもマスク着用をお願いしております。

次回1月は、通常だと新年会ですが、懇親の場は控えて、東京教区のオンライン報恩講に、稱名寺で視聴できる準備をして、参加したいと思っております。来年になりましたら改めてご案内致します。

現在同朋の会は、人数把握のため、いつもお越しの方にのみのご案内とさせていただいております。参加をご希望の方は事前にお問合せ下さい。

※1月の同朋の会は休会とさせていただきます。(1月24日追記)

「除夜の鐘・修正会」 内勤めのお知らせ

「除夜の鐘・修正会(しゅしょうえ)」 内勤め(うちづとめ)のお知らせ

 毎年12月31日(大晦日)に厳修していた、「除夜の鐘・修正会」ですが、今年はご門徒やご近所の皆様の参詣を求めず、寺をお預かりする者と、例年実施をお手伝いいただいている称友会スタッフのみの内勤めとさせていただきます。

 稱名寺の「除夜の鐘」の歴史を振り返りますと、1942年(昭和17)、旧梵鐘が戦争のため供出された後、1945年(昭和20)4月の川崎大空襲により、本堂、山門、庫裡の全てが焼失し、焼野原に鐘のない鐘楼堂だけが残りました。終戦後ご門徒のご尽力により本堂庫裡の再建が進み、1976年(昭和51)、ようやく今の梵鐘が設置されたことを機に、現在の形での「除夜の鐘」が始まることになりました。

 以後40年以上にわたり親しまれてきた行事ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大、また、医療体制のひっ迫が懸念される年末という時期でもあります。過日、護持運営委員会役員会を開き協議した結果、多くの皆様(例年150名以上)を迎え感染症対策を充分に実施することは難しいと判断し、今年は内勤めと決定致しました。毎年楽しみにされていた方には、大変申し訳ありませんが、何卒ご了承下さい。

 なお、鐘の音が深夜の外出を促すことにならぬよう、本年の鐘つき開始は午後4時からと致します。本堂内での法要・打鐘には参加できませんが、鐘つき終了時まで境内は開放しております。ご自由にお参り下さい。

2020年12月15日
稱名寺住職
稱名寺護持運営委員会委員長 添田有道

11月の同朋の会

2020年11月28日(土)

11月の同朋の会を開きました。今回も午後2時から、時間を短縮し3時までとしました。先回同様、諸々感染症予防対策を行い、参加される方にもマスク着用をお願いしております。

次回は年末なので28日ではなく、12月18日(金)午後2時より3時頃を予定しています。

現在同朋の会は、人数把握のため、いつもお越しの方にのみのご案内とさせていただいております。参加をご希望の方は事前にお問合せ下さい。

赤穂義士遺品一般公開 中止のご案内

 赤穂義士遺品一般公開 中止のご案内 

毎年12月14日に開催しております、「赤穂義士遺品一般公開」は、展示会場での感染症対策が困難なため、今年は中止とさせていただきます。楽しみにされていた方には、大変申し訳ありません。

2020年11月4日
稱名寺住職

まちたんけん

2020年11月12日

毎年隣接する下平間小学校の2年生が「まちたんけん」の授業で、稱名寺を訪れてくれています。今年は例年と違い、感染症対策のため、先生がお一人でみえて、ビデオ撮影という形でした。生徒から事前にとっていただいた質問事項に1つ1つ答えました。

報恩講 2020

2020年10月24・25日

報恩講は浄土真宗の寺院で一年で一番大切な行事です。親鸞聖人のご命日が11月28日であることにより、本山東本願寺では、毎年11月28日までの一週間、また全国各地の真宗寺院ではその前後に必ず勤まります。
お寺の諸行事も開催が難しい状況下にありますが、仏法聴聞の場を求められるご門徒の声をいただいており、諸々の対策を実施した上で、10月24・25日に稱名寺報恩講は今年も一昼夜厳修されました。座席数を減らしている関係で、ご門徒にはどちらかの日を選んでのご参詣をお願いしました。このような状況ですが、一座20名ほどのご門徒に、参詣いただきました。
本年は、感染症対策のため、時間を短縮し、お斎(食事)はなし。勤行は正信偈同朋奉讃式(和讃は報恩講和讃)で勤めました。換気のため寒さを心配しましたが、好天で比較的暖かい日となりました。

両日とも、午後2時開会で4時前までの日程です。24日は逮夜法要(勤行・ご法話)、25日は日中法要(勤行・ご法話)。25日は晨朝法要・お内仏勤行も勤めました。

ご法話は、清谷真澄氏(岩手県北上市 通來寺住職)、講題 は「世間は虚仮にして、唯、仏のみこれ真なり」でした。お話は次号の稱名寺通信でご紹介致します。

ご参詣下さった方々、おみがき奉仕、受付など、お手伝い下さったご門徒の皆様には厚く御礼申し上げます。