ここでは、稱名寺の行事報告や、ご案内を随時アップ致しております。


花まつり2018

2018年4月8日(日)

稱名寺花まつりを開催致しました。お天気に恵まれ、子ども・大人あわせて130名ほどの参加をいただきました。
内容は、甘茶でお参り・住職のお話・仏典童話の朗読・人形劇・炭火パン焼き・昼食・工作(うごくおもちゃキツツキ)・人力車・お寺探検・昔遊び(竹馬・ベーゴマ)などなど。

人形劇は「幸えほんの会」、人力車は「せせらぎ人力車倶楽部」の皆様ににお願いし、パン焼きと工作は除夜の鐘でおなじみの称友会の方々を中心にお手伝いいただきました。
他にもたくさんのご門徒の協力のもと、無事開催できました。ありがとうございました。

川崎組同朋の会

2018年3月31日(土)

稱名寺を会場に、「川崎組同朋の会」が開催されました。
同じ真宗大谷派川崎組の10ヶ寺より、60名ほどのご門徒が集い、ご法話をいただきました。講師は、坂田智亮師(本願寺横浜別院輪番 久留米教区山門東組法讃寺住職)。講題は、「念仏の灯をかかげ、ともに悲しみの時を生きん」でした。
※稱名寺は真宗大谷派の東京教区川崎組というブロックに入ります。川崎組では、年1回、どなたでも参加できる聞法会を開催しております。

 

 

3月の同朋の会

2018年3月28日 3月の同朋の会が開かれました。

『歎異抄』第4条について学び、座談では介護の問題などが話題に上りました。

正信偈のお勤めのあと、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は休止 12月は18日

次回は4月28日です。午後7時~9時頃 どなたでもご参加できます。お時間にお寺までお越し下さい。

花まつりのご案内

今年も稱名寺花まつりを4月8日(日)に開催致します。どなたでも参加できますので、ご門徒はじめ、ご近所の皆様もお子様やお孫さんとご一緒に、春のひとときを是非お過ごし下さい。
受付10時半 11時開会 閉会14時半。
※申込は不要ですが、当日必ず受付を済ませてご参加下さい。先着150名。
幸えほんの会によるお話会、炭火パン焼き、人力車(せせらぎ人力車倶楽部)、工作、境内での竹馬・ベーゴマ・メンコなどの昔遊びなど予定しています。
※荒天により中止の場合は、このブログにてお知らせ致します。

詳しくは、下のご案内(PDF)をクリックしてご覧下さい。

花まつりのご案内2018

昨年の様子はこちら

春のお彼岸

明日、3月18日から24日は春のお彼岸です。
いつものお線香とともに、今日からお墓参り用のお花も用意してあります。
時間帯によって駐車場は大変混雑致します。ゆずりあってご利用下さい。

勿忘(わすれな)の鐘2018

2018年3月11日
今年も稱名寺では、勿忘の鐘を実施しました。 山門前に朝から夕方4時まで焼香台を設置し、ご自由に焼香いただき、2時30分頃から勤行。 勤行の時間にお集まりいただいた方々と午後2時46分鐘を撞きました。 終日山門前を通る方々が足を止め、手を合わす姿が多く見られました。

仙台教区勿忘の鐘ホームページhttp://www.sendaikyouku.net/wasurenanokane/_wasurena_top.html

2月の同朋の会

2018年2月28日 2月の同朋の会が開かれました。

今回は、『親鸞で考える相模原殺傷事件』芹沢俊介著を、読みました。
芹沢氏は6月6日(水)に開催される東京教区同朋大会にて講演をされます。
(午後13時開会 文京シビックホール)

正信偈のお勤めのあと、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は休止 12月は18日

次回は3月28日です。午後7時~9時頃 どなたでもご参加できます。お時間にお寺までお越し下さい。

1月の同朋の会

2018年1月28日
新年最初の同朋の会は毎年新年会としての開催です。14名のご門徒さんと、住職、坊守、前坊守も参加して賑やかな会となりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。次回は2月28日 午後7時~9時 どなたでもご参加できます。お時間にお寺までお越し下さい。

「同朋の会」は正信偈のお勤めをし、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は報恩講のためお休み 12月は18日です。

文化財防火デー(消防訓練)

2018年1月24日
文化財防火デーを前に、一昨日の雪の残る中、稱名寺にて消防訓練が行われました。
毎年1月26日は、「文化財防火デー」です。 文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機としています。 数年に一度稱名寺にある文化財を保護する訓練を川崎幸消防署・幸消防団と共に実施しています。