ここでは、稱名寺の行事報告や、ご案内を随時アップ致しております。


1月の同朋の会

2018年1月28日
新年最初の同朋の会は毎年新年会としての開催です。14名のご門徒さんと、住職、坊守、前坊守も参加して賑やかな会となりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。次回は2月28日 午後7時~9時 どなたでもご参加できます。お時間にお寺までお越し下さい。

「同朋の会」は正信偈のお勤めをし、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は報恩講のためお休み 12月は18日です。

文化財防火デー(消防訓練)

2018年1月24日
文化財防火デーを前に、一昨日の雪の残る中、稱名寺にて消防訓練が行われました。
毎年1月26日は、「文化財防火デー」です。 文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機としています。 数年に一度稱名寺にある文化財を保護する訓練を川崎幸消防署・幸消防団と共に実施しています。

雪景色

1月22日の雪が、今日も残っています。日の当たる場所はほとんど溶けましたが、墓地には雪が残っていますのでお気をつけてお出かけください。写真は23日朝です。

護持運営委員会 新年会

2018年1月14日 稱名寺護持運営委員会の新年会が開かれました。
護持会委員役員合わせ17名と住職・副住職で、新年の賀詞交換含め懇親を深める会となりました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

除夜の鐘・修正会 支援金報告

除夜の鐘・修正会 支援金報告
(2017年12月31日実施)

過日、大晦日に行いました修正会・除夜の鐘に大勢のご参詣を賜り誠にありがとうございました。今回は「平成29年7月九州北部豪雨」に対する支援金をお願いし実施致しました。下記の口座に、支援金を振り込みましたのでご報告申し上げます。

2018年1月11日 稱名寺住職

受 付 142件
支援金 78000円 (振込手数料を含む)

振込先
真宗大谷派
http://www.higashihonganji.or.jp/news/info/20560/

除夜の鐘・修正会

新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨日、2017年12月31日大晦日、修正会(しゅしょうえ)・除夜の鐘を行いました。今年は142件の受付をいただきました。支援金については追ってご報告致します。
朝は雪が舞っていましたが、夜には天候も安定し、無事に勤めることができました。例年より修正会の参詣が多く、有り難かったです。
ご参詣いただいたご門徒、ご近所の方々、除夜の鐘を毎年お手伝いいただいている称友会の皆様、深夜の寒い中有り難うございました。

除夜の鐘準備

称友会の皆様と今晩の除夜の鐘の準備を行いました。

12月の同朋の会

2017年12月20日
今年最後の同朋の会でした。
次回、1月28日は新年会です。時間は6時からですのでお気を付け下さい。年明けに改めて会員の方にはお葉書でご案内します。会員以外の方でご参加希望の方はお寺までご連絡ください。

正信偈のお勤めのあと、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞などを通して、お念仏の教えを聞いてまいります。

赤穂義士遺品一般公開

2017年12月14日
今年も稱名寺に伝わる赤穂義士遺品の展示会を行いました。
遠近各地から250名ほどの方々が稱名寺を訪れ、赤穂義士・下平間の歴史に思いをはせました。また、ご門徒8名の方に受付などお手伝いいただきました。
一般公開は年1回のみです。来年も12月14日に行います。