ここでは、稱名寺の行事報告や、ご案内を随時アップ致しております。


7月のお盆

13日からは7月のお盆です(13~16日)。 本堂を荘厳し、切子灯籠(きりこどうろう)もおかけました。境内の蓮がまだ咲いております。お参りの際にご覧ください。

本日12日からは、墓参用にいつものお線香に加え、お花の用意もあります。また、13日から16日まで護持会の委員さんが護持会費の受付当番に出ていただいています。

暑い日のお参りは、熱中症に充分にお気を付け下さい。境内テントには冷たいお茶があります。 時間帯によって駐車場は混雑致します。公共交通機関の利用をお勧め致します。

護持運営委員会 総会

7月1日 稱名寺護持運営委員会総会が開かれました。

稱名寺に墓地がある方を中心に毎年納めていただいている護持会費で運営致しております護持会の、事業報告・決算報告・会計監査報告、事業計画案・予算案について審議いただき、承認されました。また、お盆の受付当番の選出が行われました。護持会委員20名の出席をいただきました。

7月のお盆に、委員の方がお寺の玄関で護持会費の受付し、予決算書をお渡し致します。

6月の同朋の会

2018年6月28日 6月の同朋の会が開かれました。

今回は副住職がお話しさせていただきました。

正信偈のお勤めのあと、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は休止 12月は18日

 次回は7月28日です。午後7時~9時頃 どなたでもご参加できます。お時間にお寺までお越し下さい。

永代経法要2018

2018年5月13日(日)
永代経法要が厳修されました。曇り空の中、午後には雨が強く降るような天候でしたが、80名ほどの方にお参り頂き、無事春の法要を勤めることができました。今回も、毎年欠かさずご参加いただいている方々はもちろん、初めて参詣いただいた方が何名もあり、大変有り難く、心強く感じました。今後ともよろしくお願いいたします。

日程は11時半開会、午前中は副住職がお話しさせていただき、正午からお斎(おとき・昼食)、13時より法要、14時より法話「葬儀ー別れと出会いの場ー」(当山住職)、15時半閉会、片付け後、懇親会でした。

ご参集いただいた皆様、お斎準備をしていただいた方々、受付をしていただいた護持会委員の皆様ありがとうございました。
なお、今年の報恩講は10月27・28日(土・日)です。是非ご参詣いただいきますよう、ご予定下さい。

春のおみがき奉仕

2018年5月6日(日) 永代経にむけてのお磨き奉仕を行いました。

今回は仏具のお磨き、本堂・庫裡・境内の清掃などを、17名のご門徒さんと、住職、坊守、副住職、准坊守、副住職の子どもも参加し行いました。一つ一つ丁寧に磨かれた仏具を荘厳し、永代経(5月13日)が勤まります。ご奉仕いただいた方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。

お磨き奉仕は年2回です。次回は秋の報恩講前に行います。どなたさまでもご参加できます。

永代経法要のご案内

永代経法要のご案内

 期日 2018年5月13日(日) 午前11時半より午後3時半

日程・詳細は下の画像をクリックしてPDFをご覧下さい。
お磨き奉仕は5月6日(日)に行います。永代経ご案内裏面に詳細があります。

ご門徒には郵送にてご案内しております。出欠を返信はがきでお知らせ下さい。 稱名寺のご門徒でなくともお参りいただけます。お寺までお問い合わせ下さい。

永代経法要のご案内2018

 

春のおみがき奉仕

おみがき奉仕のお願い

 5月6日(日) 午前9時半より午後3 時位まで

毎年、稱名寺では永代経をお迎えするにあたり、本堂・庫裏・境内の清掃とお仏具のお磨きをいたします。ご門徒の方々の手で一つ一つ丁寧に磨かれた仏具が荘厳され永代経法要が勤められます。 昼食は用意いたします。ご奉仕可能な時間に作業しやすい服装でお寺にお越し下さい。午前中は仏具磨き、午後は本堂・庫裏や境内の清掃をいたします。

4月の同朋の会

2018年4月28日 4月の同朋の会が開かれました。

先月から引き続き『歎異抄』第4条について学びました。

正信偈のお勤めのあと、仏法を聞き、語り合うつどいです。毎回内容が異なりますが、お話・輪読(本を読む)・ビデオ鑑賞を通して、お念仏の教えを聞いてまいります。 毎月28日夜7時から9時 10月は休止 12月は18日

来月は5月28日は、都合により休会といたします。ご注意下さい。5月13日(日)永代経法要にご参詣下さい。次回の同朋の会は6月28日です。

花まつり2018

2018年4月8日(日)

稱名寺花まつりを開催致しました。お天気に恵まれ、子ども・大人あわせて130名ほどの参加をいただきました。
内容は、甘茶でお参り・住職のお話・仏典童話の朗読・人形劇・炭火パン焼き・昼食・工作(うごくおもちゃキツツキ)・人力車・お寺探検・昔遊び(竹馬・ベーゴマ)などなど。

人形劇は「幸えほんの会」、人力車は「せせらぎ人力車倶楽部」の皆様ににお願いし、パン焼きと工作は除夜の鐘でおなじみの称友会の方々を中心にお手伝いいただきました。
他にもたくさんのご門徒の協力のもと、無事開催できました。ありがとうございました。

川崎組同朋の会

2018年3月31日(土)

稱名寺を会場に、「川崎組同朋の会」が開催されました。
同じ真宗大谷派川崎組の10ヶ寺より、60名ほどのご門徒が集い、ご法話をいただきました。講師は、坂田智亮師(本願寺横浜別院輪番 久留米教区山門東組法讃寺住職)。講題は、「念仏の灯をかかげ、ともに悲しみの時を生きん」でした。
※稱名寺は真宗大谷派の東京教区川崎組というブロックに入ります。川崎組では、年1回、どなたでも参加できる聞法会を開催しております。