稱名寺とその周辺の植物(7)

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。
今回の記事は、稱名寺通信第11号(2017年10月発行)からの転載です。

ビワ(稱名寺境内)

ビワは九州、四国の石灰岩地帯では野生があるとされており、多くは果樹として広く栽培され太平洋岸では千葉、日本海側では富山より南側の地で生育しているバラ科の常緑樹です。葉の表面ははじめ毛がありますが後に無毛となり光沢があります。葉脈は窪んでおり、対照的に葉裏には淡褐色のラシャ状の毛を密生しているのが特徴です。

大塚敬節(1975)が書いたビワの薬効の強さを現す話が古い新聞記事に掲載されていましたので、その骨子を紹介します。

大正から昭和にかけてある高名な僧侶が枇杷の葉で難病痼疾を治すことで有名であったという。あるとき腹水がたまった難治の患者を治療してもらったとき、枇杷の葉の光る側に墨でお経を書いて、火鉢でその葉を温めながら、五分程度その患者の腹をさすったところ、一時間もたたないうちに腹水は尿として排出されて、腹はぺしゃんこになったとのことであった。

また、明治時代には、夏負け予防に飲む枇杷葉湯というものがあり、この枇杷葉湯は枇杷の葉をいちばん多くいれ、陳皮(みかんの皮)、ホオノキの皮、甘草などを入れて煎じて飲む。枇杷の葉を10グラムほど一日量としてお茶替わりに煎じて飲むと咳に聞く、また胃をじょうぶにする効果もあった。さらに、葉を神経痛などで痛むところにあてていると痛みが軽くなどの薬効があるという。昔は癌などの終末医療で麻酔を使うことがなく、枇杷の葉を温めて痛むところにあてていると痛みが軽快するということであったらしい。

私も稱名寺の檀家になるかならないころ、見知らぬ人に境内のビワの葉を分けてもらえないかとせがまれて、困惑したことを思い出しました。その人もビワ茶をつくるとかいっておりましたが、その場では即答はできず、お寺のご住職に聞いてくださいと答えておきましたが、その後どうなったか?勝手にとって行ったのかもしれません。それでも、枇杷は稱名寺の塀の外へも青々と葉を繁茂させておりますので、それほど影響はなかったように思えます。

アシタバ(春風公園)

関東南部から紀伊半島に至る海岸付近に分布し、伊豆諸島にも生育するセリ科の大型の多年草です。名前は明日葉で、葉を摘んでもその翌日には新しい葉が生えてくることから、繁殖力の旺盛さを現すものです。

時たま栽培されているものが逸出して生育していることがあり、春風公園の個体もどこかの圃場に生えていたものが、樹木の移植に伴い、持ち込まれたものと考えられます。

私が神津島で空港建設の環境調査を実施していたころ、宿で亀の手とこのアシタバの若葉を入れたお吸い物を出してくれ、とても美味であったことを今でも覚えております。アシタバの葉は独特の香りがあり、初めて食べた人には好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は普通の香味野菜として十分楽しめる食材ではないかと思います。若葉はすこし苦みがありますが、セロリと同じように食することができます。

最近の話題では伊豆大島で、動物園から逃げ出して野生化したキョンの大繁殖に伴い、アシタバ畑での食害が大問題となっている報道がありました。因みに同じ動物園から逃げ出して繁殖したタイワンリスはツバキ油の栽培収穫にも大打撃を与えているようです。外来種を移入するときは、その種類が野生化した場合の危険性を前もって予測して十分注意する必要があるようです。

 

※引用・参考文献
新訂牧野新日本植物圖鑑、牧野富太郎、2000、北隆館
本草新話 ビワの葉①②、大塚敬節、1975、読売新聞
世界有用植物事典、1989、平凡社

稱名寺とその周辺の植物(6)

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。
今回の記事は、稱名寺通信第10号(2017年4月発行)からの転載です。

ギボウシ類(稱名寺境内)

ギボウシはユリ科ギボウシ属の多年草で、アジア東部特産の植物です。日本では擬宝珠の漢字名があり、神社仏閣や橋の欄干につけられる宝珠に葉の形(一説に花茎の先の苞の集合体)が似ていることによって名付けられたものです。宝珠は仏教の象徴である火焔を模ったものですから、お寺さんには縁の深い植物だといえます。

江戸時代から庭などに植えられ親しまれたもので、種類にもよりますが、日当りの良い、やや湿った草地などに生育し、高さ30~100㎝前後(最大は2m)になります。横に這う根茎があり、葉は斜めに立ち、葉身は細長いへら状のものもありますが、多くは種名の由来となった宝珠型のものから長楕円形のものが主流です。花は小さいもので長さ3cm、大きいものは14cmになるものもありますが、多くは5cm内外の筒状鐘型の薄紫から紫色の花をつけます。

長い間栽培され品種改良されてきた種類で多くは交雑するので、分類はかなり難しいですが、近年の見解の一つとして、日本産のギボウシ属は十三種程度に整理されるようです。ちなみに、稱名寺のものは花の色が薄いことや、苞が緑色で舟形をしていることから、キヨスミギボウシに近い種類ではないかと推測されます。また、春風公園にもギボウシ属の一種が植えられておりますが、これは花の内側の筋の色が濃い紫色を示すことからコバギボウシに近い形質を持ったものと推測されます。

また、ギボウシ類の若葉は「ウルイ」と呼ばれ、東北地方では重宝される山菜のひとつで癖がなく、お浸し、和え物などに利用します。最近は都会のスーパーでも売られようになってきましたが、まだ認知度は低いようです。

 

エゴノキ(春風公園)

 

エゴノキは果皮に毒の成分があり、えぐみがあることから、えごい木からエゴノキとなったとされています。この毒はエゴサポニンとされ、昔はこの果皮を川に流してウナギなどをとる魚毒として利用したり、洗剤の代わりに用いられたということです。別名にドクノキ、セッケンノキという地方もあるそうです。

本種は山麓や山の谷間に多い高さ7~8mの落葉小高木で樹皮は暗灰褐色で二年枝は糸状に剥げ落ちます。春風公園では五月のはじめに、一年枝の先に一つから四つの総状の花を下向きに着けます。花は五裂して白色、これで下向きの花にとまることが苦手なハナアブやチョウを排除し、より自分に都合よく花粉を運んでくれるハナバチ類だけを選ぶことができる構造になっています。

材は白くて均質で粘り強く、人形やろくろ細工などに使われ、特に傘の柄などに使われたようです。また、七月頃、枝先に「えごのねこあし」とよばれる白い毛のある猫の足に似たものをつけることがよくありますが、これはエゴノネコアシアブラムシが寄生してできる虫こぶで、これを蓮の花にたとえてみることもあります。

※引用・参考文献
新訂牧野新日本植物圖鑑、牧野富太郎、2000、北隆館
渡辺健二、1985.ギボウシの観察と栽培、ニュー・サイエンス社
世界有用植物事典、1989、平凡社

稱名寺とその周辺の植物(5)

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。
今回の記事は、稱名寺通信第9号(2016年10月発行)からの転載です。

キササゲ(稱名寺境内)

中国原産の樹木で、日本では庭に植えられるか、しばしば、河川に野生化している落葉高木です。高さは3~6m、高いものは12mに達します。私は新潟県の十日町で、神社の周辺に植えられているものを見たことがあります。名前は木ササゲでマメ科の一年草のササゲ豆に似た蒴果をつけることからこの名がついたと考えられています(ササゲ豆は赤飯に入れるマメです)。

キササゲの果実は梓実といわれ、良い腎臓病の薬とされてきました。また、その材は軽く、下駄、器具、版木に利用されたらしいです。若葉は食用になるとされ、その樹皮や根皮は解熱、駆虫、黄疸に利用され有用樹木であることは間違いようです。大切に育てられて来た樹木のようです。

コムラサキとシロシキブ(春風公園)


公園などでムラサキシキブとして植栽されている木はほとんどがこのコムラサキです。本当のムラサキシキブがふつうの里山に生育しているのに対し、このコムラサキはハンノキなどの生える湿った谷などに生育している種類です。

また、花柄が葉腋(枝と葉の付け根)からでるのに対し、葉腋のやや上方に離れて出るのが特徴です。葉の形状にも特徴があり、葉の下半分には鋸歯はなく、葉の上方に低い鋸歯が現れます。これに対しムラサキシキブは葉の全体に鋸歯があります。六月から七月にかけて、桃色の総状花序を多数つけ、八月下旬から九月にかけて紫色の実をつけます。実の色の白いものをシロシキブといい、公園にも多く植栽されています。シロシキブの花も白く、小枝の色も赤い色素が抜けていて、緑色を示していることで花がなくても花と実の色を推測することができます。

ムラサキシキブの植物名の由来はもちろん、あの源氏物語の作者の紫式部から名前をいただいたのですが、その経緯は江戸時代の中期ごろからという説を唱える本もあります。これによると、当初はムラサキシキミ(むらさき重み)と呼ばれていたが、その後優雅なひびきとともにこの名前が定着したと考えられています。別名にハシノキ、コメノキなどがあり、それぞれ、箸に利用されることと、米の木で実が赤米を盛ったように見えることなどからつけられたと考えられます。

※参考文献
新訂牧野新日本植物圖鑑、牧野富太郎、2000、北隆館
世界有用植物事典、1989、平凡社
植物名の由来、中村浩、1998、東京書籍株式会社

稱名寺とその周辺の植物(4)

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。
今回の記事は、稱名寺通信第8号(2016年4月発行)からの転載です。

オオアラセイトウ(稱名寺境内)

オオアラセイトウ オオアラセイトウ

「オオアラセイトウ」 中国原産で花卉として導入され、日本の各地で逸出・野生化している越年生草本です。道端や土手、のり面などに人為的に播種されることもあります。紫の花を一面に咲かせる光景は圧巻です。

稱名寺では南東部の境界付近の草むらにわずかに生育しています。全体に無毛で、茎は上部で分枝し、高さ60㎝ほどになります。葉は上部のものは長楕円形ですが、茎の下部のものと根生葉は羽状に唇裂します。

春に枝の先端に直径3㎝ほどの紫色の4弁花を総状につけます。果実は10㎝に達する長角果をつけ、熟すと四つに避けて黒い種を自然に弾き飛ばします。江戸時代に移入されましたが、第二次大戦前に中国から持ち込んで再び広められたことで一般に知られるようになりました。

別名、ショカツサイ、ハナダイコンなど多様な名前で呼ばれています。中国名のショカツサイ(諸葛采) は諸葛孔明が栽培を薦めたとの伝説からきたものとされ、若芽は煮てから水にさらし、にがみを取ってから食用にされる。また、種子から食用油がとれるそうです。ただし、諸葛采は蕪を指すという説もあり、その真偽は確認することはできませんでした。

 

フユザクラ? 十月桜? (春風公園)

フユザクラ?(十月桜?) フユザクラ?(十月桜?)

フユザクラ? 十月桜?」 フユザクラは「小葉桜」とも呼ばれ江戸時代後期から栽培されてきた桜です。オオシマザクラとマメザクラの雑種とされ、伊豆や房総に自然分布もあります。花は3~4㎝で大輪、白から淡紅色と文献では記述されています。ところが、春風公園のフユザクラとされる木は花も小さくやや赤みが強く八重であることなどから、この植物名札(Prnus × parvifolia)に当たらない種類であると考えられます。

周辺の桜ではソメイヨシノが下平間小学校との境界部に植栽されています。これはエドヒガンとオオシマザクラとの雑種で、これほどの華やかさはないですが、このフユザクラとされる桜は十月ごろから春先にかけて長い間花を楽しめる桜です。

文献を当たると春風公園のフユザクラとされるものは、どうやらマメザクラとエドヒガンとの雑種の十月桜が正しいようです。その理由の詳細を示すと花が小さく八重であること、花の色が淡紅色であること、つぼみの先にめしべが出ること(雌蕊が長い)、さらに萼や小梗に毛があること(フユザクラは無毛)などが特徴です。葉の形もマメザクラの欠刻鋸鹵があり側脈の数も多い(エドヒガンの特徴)ことからもオオシマザクラよりはエドヒガンの血が混ざっていることが伺えます。
その真偽はともかく、木の花の美しさをご堪能ください。

※参考文献
新訂牧野新日本植物圖鑑、2000、北隆館
世界有用植物事典、1989、平凡社 日本の桜、2001、㈱学習研究社

稱名寺とその周辺の植物(3)

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。
今回の記事は、稱名寺通信第7号(2015年9月発行)からの転載です。

昨年の春から今年の五月までのほぼ一年間にかけて稱名寺の境内と春風公園に生育する植物を調査した結果、在来種以外にも植栽種や帰化種を含めて七十九科二百二十種前後の植物が確認されました。今回はその中から境内に生育しているヤブカンゾウとシキミについて紹介します。

ヤブカンゾウ(稱名寺境内)

ヤブカンゾウ

「ヤブカンゾウ」 和名は中国名の萱草(カンゾウ)に由来する多年草。中国ではこの花を見て憂いを忘れるという故事があり、「忘れる」に萱の字を宛てることからこの名前が付けられたとのことです。また、日本では「忘れ草」として、数多くの大和歌の題材として使われています。ヤブカンゾウは七月ごろ写真のとおり八重の橙色の花をつけますが種子は出来ず根茎から横に伸びる枝を出して増えます。

日本では人家の周辺に多く生育しており、もとは中国の原産のものが、栽培植物とともに移入されて分布を広げたものと推測されます。境内に多く植えられているヒガンバナと同様に有史以前に帰化した植物という意味で史前帰化植物と考えられています。稱名寺では御門を入った左側のアメリカノウゼンカズラの根元に植わっています。

話は変わりますが「忘れ草」の対照の意味を持つ植物では、「忘れ名草・ワスレナグサ(ムラサキ科)」、「思い草・シオン(キク科)・ナンバンギセル(ハマウツボ科)」などがありますが、いずれも稱名寺や春風公園では見ることはできない植物です。

 

シキミ(稱名寺境内)

シキミ

「シキミ」 日本各地の山林中に生育する常緑小高木で仏壇や墓に供えたりして、仏事に多く使用されることからお寺さんとの係わりの深い植物ですが、一般の庭には植えないようです。稱名寺では釣鐘とお墓の間に植わっています。前回のカラタネオガタマの解説の際に触れた榊の一つとして昔から利用されてきた低木の一つですが、供花に代用したことから花榊と呼ばれていたようです。

シキミという和名は有毒であることから「悪しき実」のアの字がとれたものという説や、「臭き実」と意味からという説など、いずれも実の性質からの由来です。葉や枝にも独特の香りがあり、線香の原料として利用されています。

同じ属のトウシキミの実は八角(スター・アニス)として中国料理の香辛料として利用されていますが日本のシキミは有毒で食べると死亡することもあるので要注意です。

※参考文献
新訂牧野新日本植物圖鑑、2000、北隆館
世界有用植物事典、1989、平凡社

 

稱名寺とその周辺の植物(2)

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。
今回の記事は、稱名寺通信第6号(2015年4月発行)からの転載です。

アメリカノウゼンカズラ(稱名寺境内)

アメリカノウゼンカズラ  稱名寺の御門を入り左手のイチョウの樹に絡みついた落葉性のつる植物で、境内のキササゲと同じノウゼンカズラ科の植物です。いずれも漏斗状の花をつけ、特にノウゼンカズラは真夏に赤い花を枝先に着けることで庭のある家では良く植栽されます。私の記憶では北陸地方の農家の庭先には必ずといっていいほど植栽されており、遠くからも目立つ花物です。
ノウゼンカズラ属の植物は北米産のこの種と中国産のノウゼンカズラの二種がありますが、中国産のものは九世紀にすでに渡来していたということです。アメリカノウゼンカズラは大正末年に移入されたらしく新しい栽培植物です。ノウゼンカズラは漢方の利尿剤などに利用され、花の匂いを嗅いだり、花の露が目に入ると目がくらくなるなどの障害があるとの記述もあります。最もアメリカノウゼンカズラの方はアメリカのメリーランド州の州花に指定されていることなどから、重篤な障害はあまりないのかもしれません。でも取扱いには気をつけておいて下さい。

アメリカノウゼンカズラ

カラタネオガタマ(春風公園)

カラタネオガタマ

カラタネオガタマ(唐種招霊)は中国原産で江戸時代中期に渡来し、庭や神社に植えられたモクレン科の常緑低木です。高木となる在来のオガタマノキと同様に、花にバナナのような強烈な芳香があるのが特徴です。花期の五月の中下旬にはその香りが春風公園の周遊路の周りに強く漂っています。
オガタマノキの和名の由来は招霊(おきたま)の転化したもので、この樹の枝を神前にそなえて神霊を招禱(おき)たてまつるからオガタマという由来です。また、オガタマは小香実で香りのある実をつけるからという説もあります。このような神道の利用のされ方から、本来のサカキはこの樹であるとの説もあります。(新訂牧野新日本植物圖鑑、2000、北隆館)
この説が正しいとすると、榊に利用される植物はツバキ科のサカキとヒサカキが今では定番ですが、シキミ、ヤブニッケイ、タブノキ、シロダモも利用されさらに、松の若木も利用されたらしいです。

カラタネオガタマ

稱名寺とその周辺の植物

稱名寺では年に2回(春と秋)に『稱名寺通信』として、寺報(お寺の広報紙)を発行しております。その中で、2014年の秋から稱名寺門徒の浅間恒雄さんに、「稱名寺とその周辺の植物」と題して、境内や山門前の春風公園にある植物の解説をご寄稿いただき、紹介いたしております。今後はこのブログでも同じ内容の記事を掲載していきますので、是非ご覧下さい。
今回の記事は、稱名寺通信第5号(2014年10月発行)からの転載です。

クスノキ(稱名寺境内)

クスノキ

クスノキ科の常緑広葉樹で、ナンジャモンジャの別名があります。葉は三行脈が目立ち二本の側脈の分岐にダニ袋ができるのが特徴です。主に関東以南の暖地に生育し(史前帰化?)、台湾、中国南部、インドネシアに自生しています。葉を揉むと芳香があるのは、植物体に防虫効果のある樟脳が含まれるためで、建材に利用され、時に仏像や木魚の材料となることから寺院との関わりの深い樹木です。稱名寺の二本は隣接するイチョウとともに川崎市の保存樹木に指定されています。

 ヤマボウシ(春風公園)ヤマボウシ

ミズキ科の落葉広葉樹の中高木です。北海道と沖縄県を除く日本の全土に自生していますが、北大植物園には植栽された本種が大型で綺麗な花を咲かせます。春風公園の芝生広場に単立木が植栽されているほかに、稱名寺にもあります。名前の由来は山法師という漢字表記にみられるように、丸い花の集まりを法師の頭に、白い総苞片を頭巾に見立てたものとする説が有力です。神奈川県では箱根周辺が有名ですが、ほかに雲仙、済州島に多産するそうです。また、富山県高岡市の旧福岡町にもロッジヤマボウシという公共の宿があり、この花の名前を頂く宿は日本全国に存在するようです。ちなみにアメリカヤマボウシはハナミズキの別名で、植物分類上ではきわめて近い種類になりますが、総苞の先が窪んでいることや、開花が葉の展開より早いので、容易に区別することができます。
※ダニ袋とは主脈と側脈の付け根にできる小孔でその中に虫が入り多少膨らむ。
※史前帰化とは歴史のある以前に有用植物として移入された植物。ヒガンバナなどもこれに当たると考えられ、飢饉のときに根を晒して食用にしたと伝えられている。